※この記事は約4分で読むことができます。

介護の訪問リハビリ

どうも!現在も介護の現場で働く作業療法士の田中です。
介護保険には、いろいろなサービスがあります。
介護保険の理念の中で特に挙げられているのは、介護・機能訓練・看護・医療などですが、特にそれぞれの能力に応じた自立した生活の営みということが重視されています。
介護分野のいろいろなところで、リハビリや自立支援ということば使われています。

介護保険のリハビリには何があるの?

介護分野の中でのリハビリは、主に訪問リハビリ、通所リハビリ(デイケア)、老人保健施設でのリハビリの3つが中心です。
リハビリとは、包括的な考え方でもありますので、利用者さん本人も含めて家族や介護職にいたるまでリハビリの考え方は必要です。
ただ、理学療法士や作業療法士などの専門職のリハビリは、主にこの3つから実施されます。

訪問リハビリは、ご自宅やサービス付き高齢者向け住宅へ専門職が出向いて実施します。
通所リハビリは、デイケアとも呼ばれ、送迎や介護付きの通所サービスです。
デイケアとデイサービスの違いとは、リハビリの専門職の配置基準の有無です。
最近では、デイサービスにもリハビリ特化型デイサービスというものが増えていますので、そのようなところにはリハビリ専門職がいますが、必ずしも配置基準があるわけではありません。
老人保健施設は、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、介護療養型医療施設と並んで介護保険3施設の中の1つですが、リハビリ専門職の配置基準があるのは、老人保健施設だけです。

訪問リハビリとは何?

訪問リハビリとは、正式には訪問リハビリテーションと呼ばれます。
医師の指示に基づき、理学療法士や作業療法士などが、利用者の心身機能の維持回復および日常生活の自立のために機能訓練などを行うものです。
機能訓練の内容は、関節拘縮の予防、筋力や体力の維持、歩行訓練、様々な日常生活動作訓練などです。
他にも、家族支援、福祉用具や住宅改修への助言なども行います。

訪問リハビリの提供機関

訪問リハビリは、提供元の機関により、呼び方が多少異なります。
医療機関や老人保健施設から提供されるものは、文字どおり訪問リハビリテーションと呼ばれます。
しかし、訪問看護ステーションから提供されるものは、訪問看護ステーションからの理学療法・作業療法などという呼ばれ方をします。
訪問看護ステーションには、リハビリ専門職の配置が義務ではありませんが、配置する場合には保険単位はきちんと設定されています。

両者には加算のつき方に多少の差はありますが、提供されるリハビリの内容には大きな差はありません。

訪問リハビリの内容

病院や施設でのリハビリと訪問リハビリには、それほどの違いはありません。
しかし、病院などでは広い機能訓練室があり、平行棒や物理療法の設備を使った訓練もありますが、訪問リハビリでは専門職のマンツーマン訓練が中心です。
自宅のベッドやトイレなどの、実際の環境を使った訓練ができることが利点となります。
一般に、病院や施設はバリアフリーですから、比較的に生活の自立度が向上しやすいのですが、自宅では環境が異なるため、再び寝たきりなどに戻ってしまう場合があります。
訪問リハビリでは、実際の生活環境の中で訓練を実施できることが大きな強みと言えます。

家族との絆を持ちやすい訪問リハビリ

訪問リハビリのさらなる強みは、利用者だけでなく家族との絆も作りやすい点です。
毎回、自宅にお邪魔して、30分~60分程度も滞在するのですから、家族との信頼関係も得やすいと言えます。
リハビリ担当者と本人や家族が、お互いを信頼しながらリハビリが実施されると、その効果も高まりやすくなります。
しかし、その反面、職員が最低限度の接遇などができていないと、本人や家族からの利用拒否ということも十分ありえます。
また、家族の中で主に介護を担うのは、女性である場合が多いものです。
訪問リハビリの従事者は、女性特有の悩みやデリケートな感覚などについても十分考慮する必要があると言えます。
また、当然のこととして、専門職としての衛生管理面や医療面の知識や技術についても精通していることが求められます。
しかし、それらが正しく行えれば、訪問リハビリは、利用者本人のみならず家族も含めたサポートができる非常に良いサービスと言えます。

訪問リハビリが必要な時はどうするの?

介護保険の訪問リハビリには、他の介護サービスと同様に介護計画(ケアプラン)が必要となります。
必要な場合は、担当のケアマネージャーに相談すると良いです。
介護保険サービスには、全て保険単位が定められていますが、訪問リハビリは他の施設でのリハビリに比べると多少単位数が高くなります。
そのため、介護度別の利用限度額を考慮した検討が必要と言えます。

訪問リハビリに限らず、最近のリハビリは介護職員や看護職員との連携が重要とされています。
施設によっては、リハビリ会議などを開催して利用者本人や家族の意見を確認しつつ、各職種が連携をはかりやすいように設定されています。
分からないことは、気軽に相談すると良いでしょう。

介護のリハビリのまとめ

1,「介護保険のリハビリには何があるの?」のまとめ
介護保険のリハビリには、訪問リハビリ、通所リハビリ、老人保健施設でのリハビリがあります。必要に応じて、賢く利用しましょう。

2,「訪問リハビリとは何?」のまとめ
訪問リハビリとは、医師の指示に基づき専門職が実施するものです。
医療機関、老人保健施設、訪問看護ステーションなどから提供されます。

3,「訪問リハビリが必要な時はどうするの?」のまとめ
訪問リハビリは、介護保健サービスの1つです。
いつでも、ケアマネージャーに相談しましょう。



投稿者プロフィール

作業療法士の田中です。
作業療法士の田中です。
30年以上に渡り作業療法士という仕事をやっています。
現在は老人保健施設のリハビリの管理職として勤務をしています。
介護の資格は作業療法士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーターを取得しています。
こちらでは介護のシステムや介護機器についての記事を書いてゆきます。