※この記事は約4分で読むことができます。

サービス付き高齢者向け住宅の実態について

どうも!、私は医療・介護の世界にて長年働いており、近年の介護事情にも精通している作業療法士の田中です。
介護保険の3施設と言えば、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設です。
しかし、それぞれには役割があり、全てが介護付きの終の住処ではありません。
特別養護老人ホームは、新規入所は原則的に要介護3以上が必要です。
介護老人保健施設は、在宅復帰に向けたリハビリ施設です。
介護療養型医療施設は、医療が必要な方の施設です。
地域で介護を受けながら安心して生活できる施設の中には、サービス付き高齢者向け住宅というものがあります。
今回は、サービス付き高齢者向け住宅についてご紹介をしましょう。

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、バリアフリー仕様で「見守りサービス」と「生活相談サービス」を備えた賃貸住宅です。
有料老人ホームよりは自由に生活できますが、介護サービスはオプションです。
制度としては、比較的新しく2011年から始まったものですが、近年は急増しています。

有料老人ホームの多くが「利用権方式」という高額な入居一時金を支払う制度であることに対して
サービス付き高齢者向け住宅は「賃貸借契約」です。
「賃貸借契約」では、入居時の費用は、一般のマンションなどと同じように敷金として家賃の2ヶ月分程度ですみます。
加えて、長期入院などを理由に一方的に契約が解除されることがなく、入居者の権利が守られている方式と言えます。

サービス付き高齢者向け住宅の設置基準とは

バリアフリー設計である他に、床面積が原則25㎡以上と有料老人ホームの基準より広めに設定されています。
標準サービスは、安否確認や食事の提供、清掃等の家事援助に加えて生活相談サービスなどです。高齢で要介護状態になれば、健康面や介護面での不安が常につきまといます。
そのような時にも相談できるサービスがあるのが嬉しいところです。
契約内容についても、入居者権利が保護されていることが安心と言えます。

ただし、介護サービスは外部サービスを利用することになります。
外部サービス利用の場合は、「重度要介護状態になった時が不安」という意見が多くあります。
しかし、サービス付き高齢者向け住宅の普及の背景には、この問題を解消すべく誕生した新しい介護システムがあるのです。
これは、24時間対応の訪問看護・介護で、「定期巡回随時対応サービス」といいます。

サービス付き高齢者向け住宅と定期巡回随時対応サービス

定期巡回随時対応サービスは、国が進める地域包括ケアシステムと密接な関係があります。
これからの高齢社会では、全ての高齢者や要介護者が、地域で暮らしながらも必要な医療や介護を受けることが可能である必要があります。
第一、我が国においては、将来的に要介護者の全てを受け入れることが可能な病院や施設の数を確保することは全く困難な状況です。
そのためには、自宅や高齢者向けの集合住宅にいながらも、訪問で医療や介護が受けられるシステムが必要なのです。

この地域包括ケアの目玉の1つが、定期巡回随時対応サービスによる訪問看護や訪問介護です。
これはどのようなものでしょうか?
通常の訪問サービスとは、訪問する時間や1回分の介護報酬などが決められています。
しかし、これでは頻回の訪問サービスが必要な場合では、介護度別の区分支給限度額を簡単に超えてしまいます。
これに対して、この定期巡回随時対応サービスでは、毎月の利用額を定額制とすることで頻回の訪問にも対応できるようにしているのです。
このサービスを受けることは、一般の在宅でも可能ですが、サービス付き高齢者向け住宅においてこそが最も実施されやすいのです。

サービス付き高齢者向け住宅での1日

実際にサービス付き高齢者向け住宅では、この定期巡回随時対応サービスがどのように実施されているのでしょうか?
入居者Aさんを例に見てみましょう。

Aさんは、80歳の男性で、現在は要介護度が3です。
車椅子により施設内を移動することは可能ですが、ベッドやトイレへの乗り移りには介助が必要です。
糖尿病のために、定期的な血糖測定やインシュリン注射が必要となります。
最近、頻尿傾向もありトイレが近いことが悩みです。
Aさんのケアプランでは、朝夕のベッドへの乗り移りの介護や血糖測定などが記載されています。しかし、頻回のトイレの介助は随時対応という形で明記されていません。
随時対応サービスは、このように一度の介護量や介護時間は僅かでも、回数が頻回な場合に利用しやすいのです。
これにより、Aさんも気兼ねなくトイレへの介助を依頼できるというわけです。
このように、定期巡回随時対応サービスを利用したサービス付き高齢者向け住宅での生活は、通常の介護施設と見た目にはほとんど変わらないと言えます。
しかし、制度上はれっきとした在宅サービスなのです。

定期巡回随時対応サービスは、地域密着サービスと呼ばれる市町村単位での提供です。
管轄の市町村の全てが実施している訳ではありませんので注意が必要です。

サービス付き高齢者向け住宅のまとめ

1,「サービス付き高齢者向け住宅とは」のまとめ
サービス付き高齢者向け住宅は、有料老人ホームと並んで需要が多い高齢者住宅です。
利用者の権利が守られているところが嬉しい施設です。

2,「サービス付き高齢者向け住宅の設置基準とは」のまとめ
ゆったりとした個室と、標準サービスとして安否確認や相談サービスなどが提供されます。
しかし、介護サービスは外部への依頼が必要です。

3,「サービス付き高齢者向け住宅と定期巡回随時対応サービス」のまとめ
サービス付き高齢者向け住宅の普及には、定期巡回随時対応サービスの存在が欠かせません。

4,「サービス付き高齢者向け住宅での1日」のまとめ
定期巡回随時対応サービスを導入したサービス付き高齢者向け住宅での生活は、施設と同じように安心の体制です。



投稿者プロフィール

作業療法士の田中です。
作業療法士の田中です。
30年以上に渡り作業療法士という仕事をやっています。
現在は老人保健施設のリハビリの管理職として勤務をしています。
介護の資格は作業療法士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーターを取得しています。
こちらでは介護のシステムや介護機器についての記事を書いてゆきます。