※この記事は約4分で読むことができます。

介護の仕事内容とは?

一般的に介護の仕事と言っても、実は様々な職種が存在します。
ヘルパーと言えば何となく聞いたことがある方も多いと思いますが、施設で働いている介護スタッフも、利用者さんの自宅に赴いてお世話をする介護スタッフも、ある意味ヘルパーという言葉でひとくくりに出来てしまいます。
施設、在宅両方での勤務経験から、介護の仕事内容を私なりに説明させていただきたいと思います。

1.施設ヘルパーの業務内容とは?

介護 仕事内容
老人ホームというワードはおそらくほとんどの方が耳にしたことがあるかと思いますが、老人ホームには大まか分けて以下の形態となっています。

  • 特別養護老人ホーム
  • グループホーム
  • 有料老人ホームなど

設備や体制などに違いはありますが、そこに住む高齢者のお世話をするといった点では、老人ホームで働く施設ヘルパーの役割は皆同じと言えます。
では、施設内でヘルパーはどんな仕事をしているのでしょう?

主に高齢者のお世話とは、
入浴・排泄・食事のいわゆる三大介助がメインになってきます。
どの介助もそうですが、中には認知症があってこちらの指示が入らなかったり、病気のせいで体に麻痺や体が固まるなどの後遺症があり介助に注意が必要だったりと、ヘルパーの予定通りに介助が進まずこれがまたなかなか大変です…。

また、ナースコールの嵐で夜勤中はまるでネオン街のようにコールランプが点灯し、夜の蝶のように高齢者から高齢者へ、といったバタバタが見られることも特徴なんです。

2.在宅ヘルパーの業務内容とは?

介護 仕事内容原則的に利用者の三大介助を行うというところは施設ヘルパーと一緒と言えます。
ただし、高齢者の状況によっては、在宅ヘルパーには掃除、洗濯、買い物などの生活援助というお世話も行うことも多々あります!
つまり在宅ヘルパーには介護の技術だけでなく、家事のスキルも求められるのです。
施設ヘルパーとして三大介助をマスターしその経験を活かして意気揚々と在宅ヘルパーに転職しても、家事の経験に乏しく全く通用しない…といったヘルパーも存在するんですよ。

今はお世話が必要な状況でも、家事をしてきた経験はおそらく高齢者の方がずっとあるでしょう。
その高齢者を前に家事を行うということは、考えただけでもなかなかのプレッシャーですよね…。
あと、大掃除や家具の移動や外出の付き添いなどは介護保険では適用できず、全部自費対応になるんです。
介護保険で行う介助には言わば教科書やマニュアルが存在しますが、自費対応は全てが高齢者ルールになります。
つまり応用力や対応力が必要となります…。
介護保険でできないことは家政婦を雇った方が掛かる費用も高くなるので、自費対応のヘルパーを依頼する高齢者も増えてきているんですよ。

3.介護の仕事のやりがいとは?

介護 仕事内容ここまで書くと、
「介護の仕事ってやっぱり大変そう…。」
と思われる方も出てくるでしょう。
しかし、どの仕事もそうですが介護の仕事にだってもちろんやりがいは存在します!!
知っての通り、我が国は高齢化社会が進み、向こう10年は高齢者の数は増えていく一方です。

それに反比例し、少子化の影響で生産人口がどんどん減っていってしまいます。
最近はどの介護事業所も
「新人が入ってこない」
「せっかく新人が入ったのに定着しない」

といった事に悩まされています。
しかし、言い換えればこれは介護の仕事を志す方にとっては大いなるチャンスです!!
経験や実績を積めば、たちまち事業所の中心人物として重宝される人材へとなることができます!!
介護福祉士や介護支援専門員といった資格を取得すれば、おのずとキャリアアップの道も自分の力で切り開くことができるんです。
他職種に比べると、経験や実績、資格取得などを行えば、キャリアアップやステップアップが行いやすい職種であるかもしれません。
平凡を望む、といったスタンスの方もいるかもしれませんが、長く働くのでしたら成り上がりを目指しましょう!!
そして何より、人生の先輩である高齢者を相手に仕事をするというのは、介護の技術や知識だけではなく、実に様々な人生勉強になりますよ。

4.介護の仕事内容のまとめ

介護 仕事内容介護の仕事は確かに専門性や知識が必要とされます。
でも、それはあなたが思っている以上に敷居の低いものであるはずです。
事実、きちんとした大学や専門学校を卒業してきた人よりも、未経験・未知識で入職してきた人の方がずっとセンスがあったなんていうことはザラです。
そういう人達は、やはり人と接することが好きな人なんですよね。
知識や経験よりも、まずは人として相手が何を考えているか?どんなことで困っているのかを汲み取ることができて、そこにどう寄り添うことができるのか?
といったスキルが求められるのではないでしょうか?
こういったスキルはある意味天性のものなのかもしれませんね。
知識や技術の取得は時間が何とかしてくれます。
まずは恐ることなく、介護の世界に一歩踏み出してみましょう!!



投稿者プロフィール

ケアマネージャー健治
ケアマネージャー健治
私は特別養護老人ホームにて介護福祉士として10年勤務した後、現在は居宅介護支援事業所のケアマネとして勤続4年となります。
そのため、特別養護老人ホームと在宅介護についての経験があります。
今までの経験をもとに介護という仕事を紹介してゆこうと思います。

ケアマネージャー健治のプロフィール