特養介護施設の待機待ちについて

特別養護老人ホームについて

どうも!、私は医療・介護の世界にて長年働いており、近年の介護事情にも精通している作業療法士の田中です。
特別養護老人ホームといえば、通称「特養」でお馴染みですね。
介護老人福祉施設と呼ばれる場合もあります。
特養といえば、待機待ちが社会問題と言えます。
2015年度からは、新規入所者を要介護3以上に変更した結果、待機待ちが大幅に減少したとのデータもあります。
それにより、地域によっては空床が目立つ施設もあるとのことです。
その一方で、要介護3でもなかなか順番が来ない!と嘆く声も未だに多く聞かれるのは何故でしょう?
今回は、特養について考えてみましょう。

介護施設特養の待機問題

特養が要介護者や家族に人気の理由は、利用料金の手軽さと長期の入所が可能なことです。
同じ介護施設の老健は、在宅復帰のための施設ですから、長期の入所は難しいのです。
その点、特養は利用者によっては終の住処にもなる可能性もあります。
費用面では、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅よりも安く済むというメリットがあります。

特養の待機者は、一時期は全国で52万人と言われていました。
国が、2015年度からは新規入所者を原則的に要介護度3以上と設定したために、現在では待機者は36万人まで減少したと言われています。
実は、私はこの問題に強く胸を揺さぶられたことがあります。
仕事で介護認定のお手伝いをしている時に、特養入所中の方が要介護3から2へ変更になったのです。

「ああ、この人はもう特養にはいられないんだ!」
そう思ったのです。
でも、きちんと確認をしたところ、入所中に介護度が軽度化した場合は、強制退所とはならないことが分かり安心したのです。
また、新規で要介護度が1や2でも、やむを得ない理由がある場合は入所可能とも言われています

介護施設特養で待機待ちが続く理由は?

利用者や施設経営者は、年々制度が厳しくなることを感じていることでしょう。
高齢者全体は増え続ける反面、費やせる社会保障費には限りがあります。
サービスの種類によっては、経営がどんどん悪化する状況もあります。
例えば、一時期急速に伸びたものに、短時間のリハビリ特化型デイサービスがあります。
単なるお預かり型のデイサービスよりも、自立支援に向いているということで需要が伸びました。
ところが、必要数に達すると報酬を下げて規制をかけるのが常に国の手法です。

その結果、2017年度からは、報酬が下がり新規開設が難しくなりつつあります。
良いサービスを提供しても、経営が悪化するというジレンマです。

特養における今回の制度改定についても、待機者総数が減ったにもかかわらず、未だに待機待ちがなくならないばかりか、地域によっては空床が目立つというミスマッチがみられます。
これには、主に二つの理由があります。

理由その1:介護報酬の仕組み

事業所側の方針として、要介護度が重い利用者の入所を優先する傾向があります。
それは、重い利用者の方が在宅介護が難しいという綺麗な理由もあります。
しかし、本音の部分では経営へのメリットがあるということは隠せないでしょう。
介護保険制度は、要介護度が重い方が介護報酬も利用料も高くなる仕組みです。
事業所が、重い利用者を優先するのも仕方がないところです。

外からは、立派な建物に見えて、「さぞかし儲けもあるのだろう」と思われがちです。
実際に、国のデータでは、全産業の収支差率と比較して、デイサービスや特養は高い利益率を挙げているされています。
しかし、ここには落とし穴があります。
公表されているデータには、施設や設備の減価償却費が含まれていないのです。
数億円もする施設であれば、減価償却費も大きな額となります。

理由その2:介護人材の不足

介護人材の不足は、国家的問題と言えます。
現在でも不足が叫ばれていますが、今後さらに加速化することが懸念されます。
いくら、空床があっても介護職員がいないことには利用者を入所させることができません。
では、介護職員の給与を上げれば良いのでは?という話になります。
これについては、国も介護職員処遇改善加算の制度作成など一応の努力はしています。
事実、介護職員の給与は徐々に向上しつつあります。
しかし、その反面、特養は人件費率が60%を超える事業でもあります。
企業努力のみでは、大きな待遇改善は望めないという現実もあるのです

特養の待機待ちはどうすれば良いのか?

特養の待機待ちは、簡単には改善しない問題です。
では、利用者や家族はどうすれば良いのでしょうか?
一つの提案としては、介護施設について良く調べてみるということです。
介護保険制度を利用できる施設には、特養や老健などの施設サービス以外にも、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などがあります。
それぞれの特徴をよく理解する必要があります。

例えば、老健はリハビリのための施設ですが、3ヶ月間在宅生活を行えば、再入所して集中的なリハビリを受けることが可能になります。
実際に、リハビリ志向の利用者が特養にいるというケースもあるのです。
この場合の在宅とは、本当の自宅でなくても、サービス付き高齢者向け住宅などでも良いのです。利用料についても、施設により大きな差がありますので、ケアマネージャーや施設の支援相談員から広く情報を集めることが重要です。

特養介護施設の待機問題のまとめ

1,「介護施設特養の待機問題」のまとめ
特養の新規入所は、原則要介護3以上。
入所中に要介護2以下に変更された場合は、継続入所が可能です。

2,「護施設特養で待機待ちが続く理由は?」のまとめ
待機待ちの理由は、介護報酬の仕組みと介護人材の不足。

3,「特養の待機待ちはどうすれば良いのか?」のまとめ
特養の待機待ちの解消には、制度や施設をよく調べることが重要です。



投稿者プロフィール

作業療法士の田中です。
作業療法士の田中です。
30年以上に渡り作業療法士という仕事をやっています。
現在は老人保健施設のリハビリの管理職として勤務をしています。
介護の資格は作業療法士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーターを取得しています。
こちらでは介護のシステムや介護機器についての記事を書いてゆきます。