※この記事は5分ほどで読み終えることができます。

介護施設の有料老人ホームとは?

有料老人ホーム

どうも!、私は医療・介護の世界にて長年働いており、近年の介護事情にも精通している作業療法士の田中です。
介護施設には様々なものがありますね。
介護保険の施設サービスと言えば、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の3つです。
しかし、他にも有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅やグループホームなどもあります。
これらは、居住系サービスとも呼ばれ、介護保険では在宅扱いとなります。
介護保険サービスを利用しながら集合住宅で生活するというイメージになります。
有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は、国が推進する地域包括ケアシステムの中でも要の存在と位置付けられています。
高齢者が増える中、病院や施設に依存せずに、住み慣れた地域の中で安心して医療や介護を受けながら生活が可能になるというものです。
今回は、有料老人ホームについてご紹介をしましょう。

有料老人ホームとは

有料老人ホームとは、老人福祉法第29条で規定されています。
高齢者のための住居であり、入浴、排泄、食事の提供や介助、洗濯、掃除等の家事、健康管理などを行う施設とされています。
代表的なものは、介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの2つです。

介護付き有料老人ホームとは

介護付き有料老人ホームとは、一般的にイメージされるような、いつでも介護が受けられ、人生の最期まで住み続けられる老人ホームです。
介護付き有料老人ホームでは、24時間、施設職員からの介護が受けられるという安心感があります。
介護体制は、3:1以上と言われます。
3:1とは、3人の入居者に対して1名以上の職員がいるという意味です。
さらに手厚いところは、より多い職員配置の場合もあります。

お部屋は個室が基本ですが、ユニット型個室というものも増えつつあります。
10人程度を1つのユニットとして、食堂などを中心に個室が配置されるというものです。
完全な個室だと寂しいけど、ユニット型ならプライバシーが守られながらも仲間意識が持てるという意見が多いようです。
また、閉じこもりによる認知症進行や体力低下を予防するメリットもあります。

住宅型有料老人ホームとは

一方で、住宅型有料老人ホームとは、食事サービスや生活支援サービスは基本的に提供されますが、介護については外部サービスを利用するというものです。
訪問介護やデイサービスなどを利用することで、生活が可能となります。
もともと馴染みの介護事業所がある場合は、そのまま利用を継続することも可能です。
ただ、介護付き有料老人ホームに比べると、24時間の介護は難しい状況です。

住宅型有料老人ホームのイメージは、自由で快適な高齢者向けマンションといったところです。
自立から軽度の要介護の間は、自由に好きなことをして暮らし、徐々に介護が必要となれば外部サービスを利用するといったものです。
自宅にいるのとあまり変わらない感覚で、食事の準備などは心配しなくて良いという安心さがありあます。
しかし、重度の要介護状態に移行すると別施設への住み替えの検討も必要となります。

有料老人ホームのサービス内容は?

どちらの有料老人ホームにも共通のサービスが付いています。
食事は、栄養面や健康面に配慮した献立で作られます。
嚥下状態に合わせた介護食や糖尿病などへの治療食の提供も可能です。
健康管理サービスは、朝夕の体温や血圧、脈拍などの測定、服薬管理などが実施されます。
掃除や洗濯などの家事サービスもあります。

また、日中の過ごし方についても、さまざまな工夫があります。
食堂やリビングスペースでの、レクレーションやリハビリ、サークル活動なども企画されます。
季節ごとのイベントもいろいろと開催される場合が多いようです。
お花見や買い物などの屋外レクレーションもあります。

医療機関との連携は?

有料老人ホームは、「協力医療機関」を定めることになっています。
また、中にはクリニックを併設して、医療が必要な方が安心して生活できるように配慮しているところもあります。
さらには、訪問診療という往診のシステムもありますが、個別契約で別途費用がかかります。

介護付き有料老人ホームでは、看護師の配置が義務付けらています。
ただし、有料老人ホームは医療機関ではないため、本格的な医療については施設ごとの差が大きいことが現状です。
また、リハビリについても、有料老人ホーム内にリハビリ室があり専門職が常駐していることは少ない状況です。

有料老人ホームの費用は?

一般には、「有料老人ホームの費用は高い」というイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?
その前に有料老人ホームの多くが採用している、「利用権方式」について理解しましょう。
「利用権方式(終身利用権方式)」とは、入居の際に「入居一時金」という高額な費用は支払うことで契約が成立します。
「入居一時金」の金額は、施設により大きく異なり、ゼロから数億円までさまざまです。
100万円未満と300万円〜1000万円程度が多いようです。

「利用権方式」とは、施設を利用するする権利を前払いで購入するようなものですが、その権利の中に介護サービス費も含まれるという考え方です。
よって、「入居一時金」の支払いにより、居室や共有スペース、介護サービスの利用が終身的に可能になるのです。
ただ、この契約は死亡をもって終了する一代限りの契約ですので、相続などはできません。
また、体調悪化や要介護度の変化により居室移動や退去を求められる場合もあります。
「入居一時金」の支払い方法には、一時金払い方式のほか、月払い方式などのありますので、契約時の確認が重要です。

月額利用もさまざまあります。
管理費、家賃、食費などです。
それと別途に、光熱費などの生活費も必要となります。
健康状態や介護状況によっては、医療費やオムツ代も必要となる場合があります。
有料老人ホームの費用体系は複雑なので、事前によく確認する必要があります。

有料老人ホームのまとめ

1,「有料老人ホームとは」のまとめ
有料老人ホームには、代表的なものに介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームなどがあります。
それぞれの特徴を理解しましょう。

2,「有料老人ホームのサービス内容は?」のまとめ
食事、健康管理、家事サービスの他にレクレーションや季節のイベントもあります。

3,「医療機関との連携は?」のまとめ
医療機関との連携はありますが、医療内容は施設により様々です。

4,「有料老人ホームの費用は?」のまとめ
有料老人ホームの多くは「利用権方式」です。
仕組みをよく理解しましょう。



投稿者プロフィール

作業療法士の田中です。
作業療法士の田中です。
30年以上に渡り作業療法士という仕事をやっています。
現在は老人保健施設のリハビリの管理職として勤務をしています。
介護の資格は作業療法士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーターを取得しています。
こちらでは介護のシステムや介護機器についての記事を書いてゆきます。